「天体分光観測カリキュラム製作プロジェクト(スペクトルカリキュラム)」WG


メンバー:新井、大島、掛谷、川端、永井、原田、半田、古荘、他 外部協力者4名 (2002年5月現在)
まとめ役:古荘、半田


過去の進行状況と分担

カリキュラム原案についての意見交換は基本的にはJAHOUティーチャーのメーリングリストを通じて行っていますが、もちろん jahou ML での発言も歓迎しています。意見交換についての参加制限はありません。広い立場からの意見を求めていますので、アイディアがある人は自由に発言して下さい。

2001年12月2日

2001.12.02、東大天文センター (東京) にて、第三回WG会合を行った。この日は、

などを受けて、各節の内容について再度チェックし議論した。一部、データについても確認した。そして、改定の必要な節をピックアップした。

[合宿後] 改定が必要な節については、担当を再配分して、最終改訂作業。

改定担当者を含む執筆者一覧

2001年11月3日

『慶應高校にてスペクトルカリキュラムをやってみよう』

JAHOUメンバー(WG執筆メンバーに限らない)で希望者を募り、第1章の実験を中心に実際にやってみて議論をする場を持った。

2001年8月〜10月

学会等でβ版完成を発表

2001年8月2日 第5回JAHOU集会にて発表
2001年8月5日〜7日 第15回天文教育研究会年会にて発表(ポスター)
2001年10月4日〜6日 天文学会2001年秋季年会(ポスター)

2001年7月〜9月

JAHOU WS などで議論

2001年6月25日

スペクトルカリキュラムβ版リリース (Sorry, JAHOU-Teachers' Only) 。

内容(章だて)については章だてと各章・各節の執筆担当(2001.7)を参考にして下さい。また...、

2001年6月25日

スペクトルカリキュラムβ版リリース (Sorry, JAHOU-Teachers' Only) 。

内容(章だて)については章だてと各章・各節の執筆担当(2001.7)を参考にして下さい。また...、

2001年6月

2001.6.10、東大天文センター (東京) と美星天文台 (岡山) の二箇所にて、第二回WG会合を行い、各節の内容について議論、および、データの最終確認。

[合宿後] 各担当による最終改訂。

2001年4月

2001.4.28-29、美星天文台にて第一回WG合宿。各節の内容について詳細に議論を行う。

[合宿後] 各担当による改訂および Teachers' Note の執筆。

データについては、引続き古荘が調査・提供依頼等を行った。また、一部のデータは川端さんが収集・作成を担当。

2001年3月

ワークブックβ版の叩き台作成 (Teachers 集会にて議論)

2000年9月以降

ワークシートについては、各章・各節毎に担当を決め、各自執筆を開始。

データについては、引続き古荘が調査・提供依頼等を担当。

2000年8月

以下の4つのサブプロジェクトについて分担して原案作成を開始。(2000年8月現在)

  1. ワークシート導入部の叩き台を作成  大島さん担当
  2. 全体構成の叩き台を作ってみる  大島さん担当 ⇒ 改訂;半田さん担当
  3. 上記の2つを合体して、教材のプロトタイプ第1案を作ってみる 担当は明示されていない (古荘担当?)
  4. 教材として利用可能な データの提供を妥当な人に依頼する。 古荘担当:一部終了(継続中)

1999年8月

以下の4つのサブプロジェクトを立ち上げ、分担して原案作成を開始した。(1999年8月現在)

  1. ワークシートの叩き台の導入部を作ってみる  原田さん担当
  2. 全体構成の叩き台を作ってみる  大島さん担当
  3. 上記の2つを合体して、教材のプロトタイプ第1案を作ってみる  担当は明示されていない 12月末を目標?
  4. 既存の恒星スペクトルデータのうち、教材として利用可能な データの提供を妥当な人に依頼する。  古荘担当



文責:古荘 玲子


スペクトルWGのページ / 2.進行状況と分担 に戻る



JAHOUの活動のページ(WGの活動)に戻る
home
copyright (c) 1997-2002 日本ハンズオンユニバース協会