「天体分光観測カリキュラム製作プロジェクト(スペクトルカリキュラム)」WG

目次 および 前提履修概念対応表(第一版)


メンバー:新井、大島、掛谷、川端、永井、原田、半田、古荘、他 外部協力者4名 (2002年5月現在)
まとめ役:古荘、半田

2002   May   ワークシート第一版

取得目標概念前提知識本テキストで
左記前提知識を
扱っている節
第1章
導入
1-1. 虹を見てみよう ・色と分光スペクトルとの関係
・分光スペクトルの基礎概念
 なし なし
1-2. 何がわかるのだろう ・物体の状態や組成によってスペクトルが変化する
・元素のスペクトル(輝線と吸収線(炎色反応など))
・黒体放射と温度と色
・分光スペクトルの観察 1-1.
1-3. 光と波 ・光が波であること
・波の干渉
 なし なし
1-4. 運動とドップラー効果 ・ドップラー効果 ・光が波であること
・分光スペクトルの基礎概念
1-1.
1-3.
第2章
分光と組成
コラム:スペクトル画像について ・分光観測データの実際  −
2-1. 星の虹を見てみよう ・恒星には様々なスペクトルがあること
・恒星はスペクトルで分類できること
・分光スペクトルの基礎概念
・炎色反応
1-1.
1-2.
2-2. 天体は何から出来ている?(補充活動) ・スペクトル線の同定 ・分光スペクトルの基礎概念
・元素のスペクトル(特に吸収線)
・恒星スペクトル
1-1.
1-2.
2-1.
2-3. 星雲の虹を見てみよう ・星雲のスペクトルは輝線で見えること ・分光スペクトルの基礎概念
・元素のスペクトル(特に輝線)
1-1.
1-2.
第3章
分光と温度
3-1. 恒星のスペクトルと温度 ・恒星のスペクトル分類と温度の関係 ・分光スペクトルの基礎概念
・元素のスペクトル
・恒星スペクトル
1-1.
1-2.
(2-1.)
第4章
分光と運動
4-1. 太陽の自転 ・太陽の自転速度を求める ・分光スペクトルの基礎概念
・太陽スペクトル
・ドップラー効果
1-1.
1-3.
1-4.
4-2. 銀河の回転 ・銀河の回転速度を求める ・分光スペクトルの基礎概念
・ドップラー効果
1-1.
1-3.
1-4.
4-3. 宇宙膨張 ・ハッブル膨張則を導く ・分光スペクトルの基礎概念
・ドップラー効果
1-1.
1-3.
1-4.
4-4. カニ星雲の膨張速度を測ろう(補充活動) ・カニ星雲の膨張速度を測る ・分光スペクトルの基礎概念
・ドップラー効果
・星雲のスペクトル
1-1.
1-3.
1-4.
(2-3.)


スペクトルWGのページ / 3.ワークブック第一版の概要 に戻る



JAHOUの活動のページ(WGの活動)に戻る
home
JAHOUスペクトルカリキュラム作成ワーキンググループ   WWW administrator
copyright (c) 1997-2002 日本ハンズオンユニバース協会