「ガリレオ先生養成講座」のご案内

世界天文年2009世界主要企画 ガリレオ先生養成講座
 日本代表 半田 利弘(東京大学)

実施日時:9/19 13:30〜15:30(13時より受付開始)
場所:科学技術館(東京都千代田区北の丸公園) 6階第2会議室
 博物館の一般見学とは入り方が若干異なります。詳細は、申込を受けた方に改めてご連絡いたします。
定員:20名
 定員に達し次第締め切ります。定員に余裕がある場合に限り、当日も受け付けます。
申込:事前申込制です
 次項目の回答項目を以下のアドレスに電子メールでお送り下さい。

   teacherastronomy2009.jp  (は半角@に直してください)

 受取次第、2〜3日以内に受付確認のメールをお送りします。
 ただし、日本天文学会出席のため9/12〜16は、回答が大幅に遅れることがありますので、ご容赦下さい。
回答項目:
 (1)参加希望者の氏名、
 (2)職業か所属(無回答でも良い)、
 (3)持参するパソコンのOS、
 (4)連絡先メールアドレス、
 (5)郵便連絡先
 (6)USBメモリ、CD-Rのいずれで当日配布データを読み込む予定か(持参パソコンの条件を参照のこと)
参加条件:パソコンを持参のこと。
持参パソコンの条件:
 OSはWindows-XP。(2000や98も可だが、Vistaは不可。)
 MacintoshやLinuxなどで使いたい方は Windows-XP互換環境を各自でご用意下さい。
 USBメモリまたはCD-Rで当日データを配布する予定ですので、
 いずれかが読み込める環境を各自ご用意下さい。
参加費:無料
対象:資格制限はありませんが、以下の人を想定しています。
 学校教員(中学〜高校程度)、博物館などのスタッフ、科学関係サークルで指導的立場である人、
 学問としての天文学に特に関心が高い人
テキスト:JAHOUスペクトルカリキュラム
 事前にダウンロードしておくことが望ましい。
 http://www.jahou.org/wg/SpCurWG/spwb_download.html
 「4.2 銀河の回転」または「4.3 宇宙膨張」を実施する予定。
 できるだけ対応するデータもダウンロードしておいて下さい。
使用するソフトウェア:マカリ
 事前にダウンロードしておくことが望ましい。
 http://www.nao.ac.jp/others/Makalii/index.html
実習内容:上記テキストに従い、学術研究にも利用されているソフトウェアを使って
 学術研究用のデータを測定し、天体や宇宙について実際に調べてみる。
 ここでの経験に基づいて、参加者各自の学校やサークル、
 博物館などで教室を実施してもらうことを目標とする。

(以上)