7/22日食 全国多地点同時観測による
「2009部分日食画像共有プロジェクト」のご案内


2009部分日食画像共有プロジェクト呼掛人
 半田 利弘(東京大学)
 畠  浩二(岡山商科大学附属高等学校)
 原  正 (埼玉県立豊岡高等学校)
 洞口 俊博(国立科学博物館)
 平松 正顕(台湾中央研究院)
 新井 達之(葛飾区郷土と天文の博物館)
 佐藤 祐介(北海道大学CoSTEP)
後援:日本ハンズオンユニバース協会(JAHOU)
世界天文年日本公認企画申請中

 7月22日の奄美トカラ皆既日食は、みなさんも関係する準備に追われていることと思います。皆既日食に行かない方でも、部分食の観察をイベントなどとして行う予定がおありでしょう。それに際して、全国規模で多地点同時観測によるデータ共有をしてはという企画のご案内です。
 今回の日食では、各地の科学館・公開天文台でも人手の都合で記録画像を撮影することができない場合が多いと聞いています。1箇所でも多くの協力をいただけると幸いです。

主旨:どうせ部分日食を撮影するなら、全国で時刻を同期して撮影し、後日にも利用できる資料を共同制作しませんか。

目的:全国各地から同時撮影した部分食画像を集め、これとコンピュータシミュレーション画像と組み合わせると、地球規模の観点による日食観察資料とすることができる。これは1997年に実施され、有効であることが示された。
今回、これに対応する画像を各地で撮影の上、共有することにより、2009年のものに更新し、今後、特に2012年と2035年の日食の際に利用できる資料としたい。

詳しくは、参考ホームページ
  http://www.ioa.s.u-tokyo.ac.jp/~handa/nisshoku2009/
をご覧下さい。